HONO

 

 

世界で初めての角栓まで除去するクレンジング

 

HONO

 

 

HONO

雪蔵から生まれた新米発酵成分
新潟の「雪蔵」で2度の室温で米発酵成分を一時的に冷凍保存することでアミノ酸(5倍)の効果を安定させることに成功。
お肌を守りながら潤いを残し、角栓・毛穴の汚れのみをしっかり除去します。

 

 

HONO

 

 

HONO

 

 

HONO

1.乾いた手のひらに3〜4プッシュの量を手に取ります。
ちょっと多いかな?と感じるぐらいが、肌への負担もかからず気持ちがいいです。
最初に、目元をさけ、ザラザラボコボコの気になる部分(小鼻、アゴ)に、クレンジングをのせ、指の腹を密着させながら下から上へ園をかくようにクルクルマッサージしながらお肌になじませます。
(お肌が冷えてくる等で固くなっている場合は、角栓が出てくるのに時間がかかります)

HONO

2.次に、面積の広い部分、頬やおでこにクレンジングをのせ、同じように下から上へ円を描くようにクルクルやさしくマッサージしながら肌になじませます。
(20分以上のマッサージはお肌に負担がかかります)
滑りが悪いときは1〜2プッシュ足してマッサージしてください。

HONO

3.最後に、手早く目元へクレンジングをなじませます。
フワっとメイクが浮き上がります。
ぬるま湯でしっかりすすいで完了。
もちもちツルツル、お肌がやわらかくみずみずしく潤っているのを実感できます。

 

・角栓が気になる方は週2〜3回、角栓を中心にご利用ください。
・通常使用する際はメイク落としとしてお使いください。

 

HONO

 

 

HONO

 

 

HONO

 

 

新成分を開発した玉川酒造、寛文13年(1673年)第四代将軍徳川家綱公の時代より酒造りを続けています。
340余年酒蔵を営んできて、蔵人の手はどうしてしろくすべすべしているのか?
そんな疑問から、1997年から研究がはじまりました。そして、2004年に、美白と保湿の成分を抽出する特殊技術を取得し5倍濃縮のアミノ酸を作り出しました。
さらに、「雪蔵」で冷凍保存。「雪蔵」は冷蔵庫と違い温度のぶれなく2℃の室温を一定に保つことができます。
その「雪蔵」でコメ発酵成分を一時的に冷凍保存することで、アミノ酸(5倍)の効果を安定させることに成功しました。
その特殊技術をHONOによって特許を出願しました。

 

 

新材料(成分)「米発酵成分」は、お肌のうるおい作りに不可欠な天然保湿因子(NMF)を構成するアミノ酸を豊富に含有している成分です。
発酵の恵が肌環境を整えるとともにバリア機能をサポートし刺激を受けにくい健やかな素肌へ導く効果があります。
他にも、メラニンの生成を抑える美白作用や抗酸化作用もあります。

 

 

HONOに関するお問い合わせはこちら